出産祝いの新定番「ベビーリングの由来は?」
「どのタイミングで誰が贈るの?」

生まれてきてくれた赤ちゃんの誕生を記念して贈るギフトや、お子さまのハーフバースデーや1歳のお誕生日、小学校入学祝いなど、大切な節目にぴったりの贈りものとして、最近人気が急上昇している「ベビーリング」、みなさんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

仲良しの友人家族や、親戚への出産祝いの新定番として定着しつつあるベビーリングは、赤ちゃんの誕生石をシンプルに留めたデザインのものあれば、赤ちゃんのイニシャルや生年月日、生まれた時間などを指輪の内側に刻印したもの、お母さんがいつでも身につけられるようにネックネスチェーンをつけてペンダントにしたものなど、豊富なデザインや装飾から自由に組み合わせて作ることができると人気があります。

今回は、赤ちゃんの誕生を記念する贈りものや出産のお祝いギフトとして今注目されている「ベビーリングの発祥や由来」、「ベビーリングが贈るタイミングや時期」、さらには、「ベビーリングの選ぶときのポイント」など、ベビーリングに関する基礎的な情報を色々とご紹介させていただきます。

大切なお子さまの誕生に合わせて世界にひとつしかない特別な贈りものをしたいと考えているお父さんお母さんや、親しいお友達の出産祝いにサプライズなギフトを用意したいと考えている方は、ぜひこちらの内容をチェックしてみてくださいね。

ベビーリングの由来について

待望の赤ちゃんの誕生や親戚、仲のいいお友達の出産をお祝いするギフトとして人気が高まっているベビーリングですが、もともとはヨーロッパから日本に伝わったものと言われています。
ヨーロッパでは昔から、生まれてきた赤ちゃんが一生食べ物に困らないようにという願いや、赤ちゃんがいつまでも幸せに暮らせるようにという願いを込めて、“銀のスプーン”を贈るという風習があります。その銀のスプーンが、時代の流れともに少しずつ変化して、赤ちゃんが生まれたら「ベビーリング」をプレゼントするという習慣になってきたと考えられています。

今では、銀のスプーンからベビーリングへと形は変化していますが、子どもの健やかな成長や、これからの幸せ願うという気持ちは、今も昔も変わらない両親の切なる想いがつまった素敵な贈りものといえます。

ベビーリングは誰から誰に贈るものなの?

ベビーリングは、お母さんやお父さんから赤ちゃんに贈る初めてのギフトとして選ばれることが多いですが、中には、親戚や仲良しのお友達から、赤ちゃんが誕生した家庭に出産祝いとしてベビーリングをプレゼントすることもあります。また、出産を頑張ってくれたお母さんに向けて、お父さんが赤ちゃんとお揃いのベビーリングを2つ作ってお母さんにプレゼントするという方も多いです。

お母さんとお父さんから赤ちゃんにベビーリングをプレゼントするときは、お子さまが小さなうちは、そのベビーリングをネックレスチェーンに通して、お母さんが代わりに身につけるといった使われ方が多いようです。赤ちゃんの健やかな成長とこれからの幸せを願う気持ちを込めて、お母さんやお父さんからのメッセージを指輪の内側に刻印するといったデザインも大変人気があります。

赤ちゃんのお父さんからお母さんへ感謝の思いを込めて贈るギフトとしてベビーリングを贈るときは、赤ちゃんの誕生石を留めた隣に、お母さんの誕生石を留めたデザインが人気です。赤ちゃんとお母さんだけでなく、お父さん用のベビーリングも作れば、家族みんなの大切な宝物になること間違いなしです。

親戚や友人の出産祝いに合わせて、「一生の記念となる特別なプレゼントをしたい!」と考えている方にも、ベビーリングはおすすめです。ベビーリングのデザインパターンはたくさんありますし、素材選びや装飾の組み合わせも色々と工夫できることもベリーリングの魅力の一つです。
赤ちゃんのお母さんやお父さんがすでにベビーリングを作成している可能性もあるので、親戚や親しい友人の出産祝いにベビーリングを作る前に、あらかじめ作成の有無を確認しておいたほうがいいでしょう。

ベビーリングを贈るタイミングについて

「ベビーリングを赤ちゃんが生まれてすぐに渡したほうがいいのか?」「少し時間が経ってからのほうがいいのか?」などなど、ベリーリングをいつどのタイミングでプレゼントすればいいのか、迷われている方も多いのではないでしょうか。

結論からお伝えしますと、ベビーリングをいつ贈るかは、自由に決められます。
贈るタイミングは特に決まりはないので、予定日に合わせてあらかじめベビーリングを用意しても勿論いいですし、赤ちゃんの指の太さに合わせて作る場合は、生まれたあとにサイズを測ってから制作したほうが安心という意見もありますよね。

赤ちゃんが生まれてくる頃に合わせてベビーリングを準備するケースが多いようですが、先にお伝えしたとおり、ベビーリングを贈る時期やタイミングについて決まりはなく自由です。例えば、生まれたばかりの頃以外では、お子さまの生後100日を祝福してベビーリングを贈る人も多いですし、お子さまの1歳や2歳の誕生日、小学校や中学校に入学するときなど、節目の時期に合わせてベビーリングを贈る方も多いです。

ベビーリングは指輪の素材やデザインの選び方、装飾の組み合わせ方によって世界に一つだけのプレゼントを作れることでも人気があります。中でも人気なのが、誕生石を留めたベビーリングです。ベビーリングに赤ちゃんの誕生した月にあたる誕生石を入れるときは、出産時期が前後する可能性もあるので、出来れば赤ちゃんが生まれてから作成されるのがおすすめです。

その他にも、赤ちゃんが大きくなるまではお母さんやお父さんがベビーリングを肌身離さず身につけ大切にし、成人を迎える時や結婚する時に、メッセージを添えてお子さまにプレゼントするという演出も人気があります。また、親しい方への出産祝いでベビーリングを贈りたいという時は、赤ちゃんの名前や生まれた日を確認してから指輪の側面に刻印を入れてプレゼントすると、赤ちゃんにもご両親にも喜んでもらえるはずです。

ベビーリングの選び方

ベビーリングの発祥や由来、贈るタイミングについて分かったところで、次に、赤ちゃんの誕生記念や出産祝いとしてベビーリングを贈るときに知っておきたい、「ベビーリングの選び方」について紹介します。

刻印に対応しているかチェックする!

赤ちゃんの指のサイズに合わせた小さなベビーリングですが、側面や内側の部分に刻印を入れることができます。生まれてきてくれた赤ちゃんへの感謝の想いや、お子さまの幸せを願う言葉を刻印するのも素敵ですし、名前や誕生日、生まれたときの体重や身長、イニシャルなどの刻印も人気です。
ただ、ここで少し注意したいのが、ベビーリングの種類によって刻印対応のものと、そうでないものがあるということです。刻印を入れたベビーリングをプレゼントしたいときは、あらかじめ刻印対応のものか確認しておきましょう。また、刻印が可能だった場合も、刻印できる文字数や刻印できる文字などを確認してから注文するようにしてください。

選べる宝石の数をチェックする!

デザインが豊富なベビーリングですが、中でも人気のあるデザインが赤ちゃんの誕生石を入れられるデザインのリングです。自分が生まれた月の宝石を身につけると、願い事が叶う、幸せになれるという言い伝えがあることから、ベビーリングのデザインに赤ちゃんの誕生石を入れるのが定番になりつつあります。
ベビーリングのデザインによっては、赤ちゃんの誕生石を1つだけ入れられるものもあれば、誕生石の両サイドにもう2つの宝石を並べられるタイプのものもあります。こういったタイプのベビーリングは、真ん中に赤ちゃんの誕生石を入れて、その両側にお父さんとお母さんの誕生石を並べるケースが多いです。

お母さんが身につけやすいデザインがおすすめ!

ベビーリングは、ネックレスチェーンに通せばペンダントトップして使えます。赤ちゃんが小さなうちはお母さんがネックレスにしてベビーリングを身につけるケースが多いので、デザインや装飾を考えるときはどんな服装にも合いやすく、身につけやすいものを選ぶのがおすすめです。
赤ちゃんの誕生石を一つ留めたベビーリングは、ネックレスにしてもシンプルなアクセサリーとして使いやすいと人気があります。ベビーリングの素材に合う種類のネックレスチェーンもたくさんあるので、目的や用途に合わせてお好みのものを選んでみてください。




出産祝いの定番になりつつある「ベビーリング」の由来や贈るタイミング、ベビーリングの選び方について色々と紹介してきました。ヨーロッパから伝わったとされるベビーリングは、お子さまが健やかに元気に育つことを願い、お母さんやお父さんが赤ちゃんに贈る初めてのプレゼントです。
誕生石や刻印などを自由に組み合わせて作ったり、ネックレスチェーンに通してペンダントトップとして使ったりと、世界に一つだけの素敵なベビーリングをお子さまへの誕生記念や、ご友人へのプレゼントにしてはいかがでしょうか。